2011年03月08日

東国原氏が都知事選へ出馬するらしい

 4月の東京都知事選で、前宮崎県知事の東国原英夫氏(53)が無所属で立候補する意向を固めたことが8日、後援会関係者などの話で分かった。各地で行っている講演会の日程などと調整し、14日にも正式に出馬表明する見通しとのこと。
 東国原氏は1月に宮崎県知事を退任した後、「あらゆる可能性を排除しない」として、都知事選出馬や国政への転身を検討してきた。関係者によると、東国原氏は次期衆院選の時期が不透明なことなどから、都知事選への出馬を決断した。地方分権の推進を主張の柱に据えるという。
 同氏は2007年の宮崎県知事選に無所属で出馬して初当選。県知事時代、タレント経験も生かして積極的にテレビ出演し、県の特産品などをアピールした。
 都知事選を巡っては、現職の石原慎太郎氏(78)が不出馬の意向を固めており、共産党前参院議員の小池晃氏(50)、ワタミ前会長の渡辺美樹氏(51)、神奈川県知事の松沢成文氏(52)らが出馬表明しており、激戦となりそうな様相である。
ラベル:都知事選 東国原
posted by ダンケルク at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする