2010年01月09日

RSA暗号、10年以内に危機?

NTTは8日、欧州の研究機関と協力して多数のコンピューターを連携させ、232ケタの数を素因数分解することに成功した、と発表した。従来の記録だった200ケタを32ケタ上回った。
これはいよいよえらいことである。

素因数分解の困難性は、RSA暗号の計算量的安全性を支えている。あと77ケタ進むと、現在主流のネット暗号は破られることになる。
電子署名、公開鍵証明書、通信経路秘匿、メッセージ完全性維持、メッセージ秘匿、相手認証など全てが無効となる。
その時期は5〜10年後と予想されており、同社は「新方式への置き換えなど、対応を急ぐほうがよい」と警鐘を鳴らしている。

素因数分解は数を、素数(1とその数自身でしか割り切れない数)のかけ算に分解する。ケタの大きい素数を使うと、解くのに高速コンピューターでも天文学的な計算時間が必要とされ、電子商取引の認証や機密データの秘匿などの基礎に応用されている。
posted by ダンケルク at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック